中国テイストの美麗な作風【一人之下】「週刊少年ジャンプ+」にて、コミック連載開始

この記事は約4分で読めます。

張楚嵐と馮宝宝

アジア最大の企業テンセントによる騰訊動漫(テンセント動漫)連載にて全世界から110億PVを達成した大人気漫画「一人之下」満を持して「少年ジャンプ+」にて連載開始!!

【概要】

騰訊動漫での連載開始は2015年2月。異能バトル「一人之下」の人気はじわじわと上がり、「羅天大醮篇」に至って人気爆発。25,000以上の作品がひしめく「騰訊動漫」サイトで、9.8点(10点満点)という破格の点数を獲得し、お気に入り登録は220万人、週あたりのPV数は最高で週3.8億回を超え、結果、17年12月現在において、総計110億越えのPVを誇る、騰訊動漫でも特筆に値する巨大コンテンツとなっている。

この強力な作品が、なんとついに日本上陸!

12月22日(金)より、集英社の「少年ジャンプ+」にて、原作そのままに、中国の道教文化を体系化した武闘、複雑にからみあう過去の謎と現在の謎、そして壮絶な異能バトルと濃密なクンフーアクションを引っ下げて連載を開始します!乞うご期待!

彼女は死ぬ間際の張錫林から、楚嵐を守ることでその謎が解けるということ、そして秘密の能力を託されるのだった。

異人たちとの、人では耐え切れぬほど激しい戦いを経るうちに、張楚嵐の謎、そして馮宝宝の謎は、かつて異人界に吹き荒れた、大戦とも言うべき8つの能力を巡る争い、すなわち、「甲申の乱」に端を発していることがわかる。

そして今また、異人界は、次の異人たちの頂点「天師」を決める「羅天大醮(らてんたいしょう)」を迎えようとしていた。

【物語】

本作は、主人公・張楚嵐、そして謎多きヒロイン・馮宝宝が、力を合わせながら、自分たちの謎を解きつつ、それにかかわる異人たちと戦いぬく物語。

クンフーと生き方を教えてくれた祖父・張錫林は、異人たちの力の中でも飛びぬけて異質で強力な「炁体源流(きたいげんりゅう)」の使い手であり、後継者である張楚嵐は、その力を手に入れたい異人たちの組織全てから狙われている。

一方、馮宝宝は不老不死の業を背負い、しかもなぜそうなったかの記憶を失っている。張楚嵐は、ついに決心する。全ての謎を解くために、羅天大醮に出ることを。

誰も見たことがない戦いが、誰も知らない荒野で始まる。そこには、張楚嵐の、そして馮宝宝のすべてがあるのだ――。

【アニメ放映】

「一人之下」は2016年7月に第1期がスタートし、好評のうちに12話放映終了しました。そして今冬、第2期となる「一人之下羅天大醮篇」がスタートします。

TOKYO MX 2018年1月16日(火) 24:30~※1月9日は1期の総集編(第0話)となります。

BS12 2018年1月20(土) 27:00~※1月13日は1期の総集編(第0話)となります。

異人たちの最高峰、次期「天師」を決める「羅天大醮(らてんたいしょう)」、竜虎山を舞台に、様々に発揮される異人たちの恐るべき能力、それらを駆使したド派手で濃密なアクション描写。この冬、見たことのない流麗な「スーパークンフーアニメ」が登場します!

しかし、それがさらに謎を呼び――果たして、楚嵐は勝ち抜けるのか、宝宝は何者なのか、そして、ふたりはどこへ行けるのか。

CAST

  • 張楚嵐: 田丸篤志
  • 馮宝宝: 早見沙織
  • 張靈玉: 鳥海浩輔
  • 王也: 興津和幸
  • 諸葛青: 平川大輔
  • 徐三: 野島健児
  • 徐四: 立花慎之介
  • 夏禾: 日笠陽子

STAFF

原作:米二(動漫堂)「一人之下」
騰訊動漫(テンセント動漫)連載
総企画:邹正宇
企画:王鹏
総エグゼクティプロデューサー:李筱婷
エグゼクティプロデューサー:
杉肉盖饭ASKASK 沉默的章鱼
総プランニングマネージャー:小仙王诤
プランニングマネージャー:ASKASK
漫画編集長:故乡
漫画担当編集:皓月
宣伝:杉肉盖饭小惑阿B
監督:陳燁王昕
キャラクターデザイン:李時旼
音響監督:伍婷
日本語版音響監督:伊藤巧
美術監督:金栄在
撮影監督:鄭姝悧
編集:陳燁王昕
音響制作:Woo Sound Studio
日本語版音響制作:HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:絵梦
日本語オープニング・テーマ: 未発表
中国語オープニング・テーマ:「無涯」酔雪
公式サイト:hitorinoshita2.com

©TENCENT Animation& Comics /一人之下製作委員会

【少年ジャンプ+】集英社の少年ジャンプが贈る最強!無料!のWebマンガ誌https://shonenjumpplus.com/

少年ジャンプ+の漫画が無料で読める本格的マンガ雑誌、少年ジャンプ+(無料の試し読みも多数)。人気作家の新作から人気作品の番外編、歴代ヒット作品まで、まんがファンも納得の充実のラインナップを、毎日無料で読むことができます。

Ads by Google