アニメ『ブラッククローバー(ブラクロ)』のキャラクターとあらすじ!

この記事は約5分で読めます。

アニメ_ブラッククローバー

2017年10月3日より、テレビ東京系にて毎週火曜日18時25分~から放送が開始される秋アニメ「ブラッククローバー」。

ブラッククローバーとは

週刊少年ジャンプ2015年12号から連載されている漫画である。作者はHUNGRY JOKERを連載していた田畠裕基。

魔法の強さによってすべてが決まる世界で、生まれつき魔法が使えない少年アスタとその親友ユノが魔法使いの頂点である魔法帝を目指すという王道少年魔法ファンタジーである。

アニメ「ブラッククローバー」PVはこちら

「ブラッククローバー」のあらすじ、声優、キャラクターをご紹介です!

Ads by Google

「ブラッククローバー」メインキャラクター

アスタ:CV.梶原岳人

  • 所属魔法騎士団:黒の暴牛
  • 魔法属性:反魔法
  • 誕生日:10月4日

主人公。孤児院で育った少年で生まれつき魔法が使えない。最果ての地に捨てられ下民として育つ。素直すぎる向こう見ずな熱血漢。

夢は、魔法騎士団のトップ“魔法帝(まほうてい)”になること。誰もが魔法が使える世界で、まったく魔力を持たない。「悪魔が棲む」といわれる“五つ葉のグリモワール”を持ち、魔力を斬り裂きはじき返す剣と、鍛え抜かれた肉体、絶対に諦めない強い心で強力な魔道士たちと渡り合う。魔導書(グリモワール)はボロボロだが魔法を無力化する剣を生み出す。

この剣は生まれつき魔法が使えない彼だからこそ使える反(アンチ)魔力武器である。

梶原岳人・・・2017年10月放送予定のテレビアニメ『ブラッククローバー』で主役・アスタ役をオーディションにて満場一致で射止めた期待のニューフェイス。

ユノ:CV.島崎信長

  • 所属魔法騎士団:金色の夜明け
  • 魔法属性:風
  • 誕生日:10月4日

アスタとともに最果ての地に捨てられ下民として育ち、アスタとは親友。アスタを生涯のライバルと決め、ともに魔法騎士団のトップ“魔法帝”を目指す。

冷静だが内に闘志を秘めた負けず嫌いな性格。時折り生意気で毒舌を吐く。

センスも魔力の大きさも申し分ない天才魔道士。“風魔法”を使いこなし、初代魔法帝も授かったという選ばれし者だけが手にできる“四つ葉のグリモワール”を持つ。彼の使用する魔導書はかつて初代魔法帝も授かったとされる四つ葉のクローバーの魔導書である。

アスタとは違い「金色の夜明け」団に入団した。

ノエル・シルヴァ:CV.優木かな

  • 所属魔法騎士団:黒の暴牛
  • 魔法属性:水
  • 誕生日:11月15日

アスタと同期で「黒の暴牛」に入った女の子。王族出身で魔法騎士団の一つ「銀翼の大鷲」の団長の妹。膨大な魔力を持ちながら力をうまくコントロールできないため、「黒の暴牛」しか受け入れ先がなかった。

兄姉が優秀なため、家族から「出来損ない」と蔑まれ、そのことがコンプレックスになっている。

優木かな・・・1987年3月10日生まれ。神奈川県横浜市出身。 元々はニコニコ生放送の歌い手『ユナ』として活動してた。

尊敬する声優は、同事務所の堀江由衣さんで、結構なゲーマーで好きなゲームにpop’n musicである。

ヤミ・スケヒロ:CV.諏訪部順一

  • 所属魔法騎士団:黒の暴牛 団長
  • 魔法属性:闇
  • 誕生日:9月17日

東の国から流れ着いた異邦人。

相手が発する“氣(き)”を探り、鍛え抜かれた肉体と魔法を組み合わせて戦う魔法剣士。現在の魔法帝・ユリウスに誘われ魔法騎士団に入団。

最も信頼される団長のひとり。粗野で横暴。団員たちに厳しく「限界を超えろ!」と言ってはムチャをさせる。だが、いざというときには頼りになる男で信頼も厚い。アスタを気に入り彼をスカウトする。

「ブラッククローバー」のあらすじ

魔法がすべての、とある世界──。教会で育てられたアスタとユノ。

15歳になった二人は持ち主の魔力を高める「魔導書(グリモワール)」授与式に参加する。そこで、才能のないアスタには魔導書は与えられずユノには最高の「四つ葉のクローバーの魔導書」が与えられたのだった。

しかし「アスタ」は己の力を証明するため、そして幼馴染の「ユノ」との約束を果たすため、努力で魔法使いの頂点「魔法帝」を目指す!!

引用元:ブラッククローバー公式サイト

関連商品・原作コミック

Ads by Google

原作者の田畠裕基先生よりコメント

週刊少年ジャンプ50周年の2017年―。

話題沸騰中の人気コミックを、数々のジャンプ作品のアニメ化を手掛けてきた「スタジオぴえろ」×「超豪華声優」で完全アニメ化。

圧倒的かつ唯一無二の創成魔法ファンタジーが2017年誕生する。

仲間との出会い、葛藤、そして戦い。

幾多の試練を乗り越えて成長していく、2人の少年の挑戦がいま幕をあける。

「夢に向かってあきらめない」ということをテーマに、 僕が構想した「ブラッククローバー」のすべてがアニメでは描かれています。アニメという映像表現は、僕の想像していた「魔法の凄さ」を具現化してくれました。 子供から大人まで、みんなが楽しめる、魔法ファンタジーを体感してもらいたいです!!

原作:田畠裕基

引用元:アニメ「ブラッククローバー」公式サイト

© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

Ads by Google