アニメ【サクラダリセット】10話のあらすじと感想!相麻菫、おかえりなさい!

この記事は約5分で読めます。

前回は、自分の意思でリセットを使えないハルが、相麻菫の死の事で葛藤するケイと話し合い、お互い納得してリセットを取り戻すお話でした。

今回は、佐々野の能力や皆の協力を得て、相麻を生き返らせることにしたケイ達。無事に相麻菫を助けることが出来るのか…?

それでは【サクラダリセット】第10話のあらすじと感想です。

アニメ【サクラダリセット】9話のあらすじと感想!相麻菫の死にケイはハルを拒絶!?

2017.06.01

アニメ【サクラダリセット】10話のあらすじ

4年前――小学6年生の夏休み、ケイは『咲良田』を訪れた。

そこで初めて『能力』を目にしたケイは、咲良田と能力について興味を持ち、調査を開始する。

そうするうちに、自分にも能力が開花するケイ。

『記憶』という能力を得たケイのもとに『管理局』からのコンタクトがある。そこで『索引さん』と名告る女性と出会うのだった。

引用元:アニメ「サクラダリセット」公式サイト

アニメ「サクラダリセット」のキャラクターとあらすじ!SF青春小説がついにスタート!

2017.04.02

第10話「MEMORY in CHILDREN 3/3」あらすじ

サクラを眺めるケイ達。村瀬は花びらを握った。そして村瀬に合図をした。

村瀬「全身、リセット。」

ケイ「春埼リセットだ。」

ハル「リセット。」

【8月12日・土曜日 12:00・2回目】

リセットしたことをケイは村瀬に伝え、村瀬がリセット前に握っていた花びらが欲しかったと話した。

花びらは永遠に残る…理由は佐々野の能力が発動していないからだと話した。

ケイ「佐々野さんの能力を使ったと言う出来事そのものが、リセットによって消し去られました。そもそも能力を使ってないのだから、この世界から花びらが消える理由がありません。」

そしてケイは、相麻菫を生き返らせると言った。

ハル「8月12日12時59分50秒。10.9.8.7.6.5.4.3.2.1…」

ケイ(リセットを初めて体験したのは、小学6年生の夏休み…。)

ケイは駅で鍵を落とし、猫のキーホルダーが壊れてしまった。それを見ていた男性が、ちょうどいい能力があると話し、キーホルダーを握った。

それは一瞬の出来事だった。握ったキーホルダーが元の綺麗な状態に戻っていたのだ。

男性はその場を去り、ケイは驚いたままキーホルダーを見つめた。そして、サクラダの住人が特別な能力がある事を知った。

特に気になったのが、この町が何故世間に知られていないのか…。

そもそもサクラダの住人は、能力を隠そうとしない。その理由は興味深いものでサクラダの外に踏み出した人間は、能力に関する記憶を全て忘れてしまうのだ。

そしてケイは、サクラダの事について調べているときに、自分の記憶保持の能力に気付いた。

そしてケイの所に管理局の職員が現れた。そして索引と名乗る女性が、管理局が一つの決定を下したと話した。

索引「サクラダの外に出ることの禁止です。」理由は答えられないと言われるが、ケイは大体わかると話した。

索引「兎に角管理局はあなたと契約を結びたがっています。あなたの意思と関わらず…。」

そして、索引は生活を保障することと、契約について誰にも話してはならない事を説明した。

そして、ケイが居た事実がなくなる事、過去を高額で買い取ると話した。

ケイ「僕の両親は、僕の事を全部忘れてしまうんですね…。」

その後、ケイはまた駅にいた。そしてキーホルダーを直したこと、索引と接触した事を思い出し、リセットしたことが分かった。

そしてまた男性が声を掛け、ケイのキーホルダーを直す。男性が去ったあと、ケイは鍵を捨てたと同時に過去を捨てたのだった。

そして現在…。

夕方、ケイは相麻の写真を眺め、テトラポットで話した過去を思い出した。

そしてハルに電話をし、セーブを指示した。

【8月28日月曜日・18:20 1回目】

ハル「セーブ。」

ケイ「これから坂上さんに例の件を頼みに行こうと思う。」

ハル「わたしもいない方が良いんですよね?」

ケイ「ごめん…。」謝ることはないとハルは言った。

【8月30日・水曜日 1回目】

ハル「前にセーブしたのは、8月28日18:20分。今からちょうど2日前です。」

この作戦を上手くいくと話すケイ。そして、今まで起こったすべての事を、初めから相麻は知っていたとケイは言った。

ハル「あなたは何だか少し嬉しそうです。」

ケイ「ずっと疑問だったことに、ようやく答えが出そうなんだ。」

ハル「でも、なんだか悲しそうです。」

ケイ「ようやく出る答えが、もしかしたらとても悲しいものかもしれない。」

そして、相麻が何故死ぬことになったのかと言う疑問が晴れると話すケイ。

そこへ、村瀬と坂上が合流した。

そして作戦決行へ…。4人は相麻の写真を掴み、破き写真の世界の中へ…。

相麻と合流で来たケイ達。作戦通りに村瀬はリセットを無効化し、坂上は相麻と村瀬の肩に触れる。

そしてハルはリセットし、8月28日月曜日の2回目に戻ることが出来た。

ケイは村瀬にお礼を述べ、村瀬は帰宅した。

ケイが振り返るとそこには相麻の姿が…。

久しぶりだと挨拶をするも、相麻にとっては3日前の記憶だった。

2人はテトラポットに腰を掛け語り合った。

相麻「2年間元気にしてた?」

ケイは2年間色々あったと話した。そして、ハルが変わり仲良くなったことも…。

ケイは相麻に2つの質問をした。

1つは、2年前の相麻が智樹の能力を使って、2年後の自分にメッセージを送ったのはいつになるのか?

相麻は今から5分後と話し、メッセージが届いたなら本物の相麻はここに居ると話し、届かなかったら今ここに居るのはソックリさんだと言った。

ケイはもう一つ、相麻が死んだ理由について聞いた。相麻は死ななければならなかったと話し、理由は秘密だと言った。

そして、シナリオがあって今までの出来事は全部その準備だったと…。

そして時間は5分が経った。ケイはメッセージが聞こえたか相麻に聞くが、相麻はケイが思う方が正解だと話した…。

【サクラダリセット】10話の感想

今回のお話は、ケイ達が相麻菫と再会する話となりました。

果たして、相麻は本物なのか…偽物なのか、そこはハッキリしませんでしたが、早すぎた相麻の出番終了がなんとこの為だったとは…。

相麻が能力者と分かったこれからが、特に盛り上がりそうですね!

内容もどんどん難しくなっていきますが、今後も目が離せません!

>> アニメ「サクラダリセット」公式サイト

©河野裕・椎名優⁄KADOKAWA⁄アニメ「サクラダリセット」製作委員会