【冴えない彼女の育てかた♭(冴えカノ2期)】6話のネタバレと感想まとめ!

この記事は約4分で読めます。

前回の5話では原画が進まない英梨々の葛藤を描いたお話でした。

今回は、英梨々が原画をついに完成させたのですが、体調を崩し倒れてしまいます…。

果たしてゲームの完成はどうなってしまうのか!?

それでは、アニメ【冴えない彼女の育てかた♭(冴えカノ2期)】6話のネタバレと感想まとめです!

【冴えない彼女の育てかた♭(冴えカノ2期)】5話のネタバレと感想まとめ!

2017.05.17
Ads by Google

【冴えない彼女の育てかた♭(冴えカノ2期)】6話のあらすじ

ついに最後の原画を完成させた英梨々だったが、倫也に電話で完成の報告をしている最中に風邪による高熱で気を失ってしまう。

英梨々の異変に気付いた倫也は、マスターアップの作業よりも英梨々の元へ駆けつけることを優先する。

伊織の助けにより那須高原の別荘にたどりつき、病床の英梨々を看病する倫也。

脚本:丸戸史明 絵コンテ:亀井幹太 演出:丸山裕介 作画監督:福田裕樹

引用元:「冴えない彼女の育てかた♭」公式サイト

 

アニメ「冴えない彼女の育てかた♭(冴えカノ2期)」キャラクターとあらすじ!

2017.04.04

6話 「雪に埋もれたマスターアップ」のネタバレ

英梨々は別荘で作業をしていたが、急病のため倫也は伊織(いおり)に別荘のある那須高原まで連れて行ってもらうことになった。

英梨々の両親はイギリスに戻っていて倫也が代わりに行くことになったのだった。

車内ではゲームの制作状況について語られる。

伊織「マスターアップや、プレス工場には間に合うのかい?」

倫也「今はそんなこと心配している場合じゃないだろ。」

しかし、伊織は「今は英梨々の元に行くべきじゃなかった。ゲーム制作のマスターアップまで粘るべきだった。君はただ澤村英梨々を独占したがっているとしか思えないよ。」と指摘されるも、倫也は言葉に詰まり、何も言い返せなかった。

無事に英梨々の別荘に着いた倫也たちは、慌てて玄関のドアを開け中に入る。

部屋の中に目をやると、床に散らばった原画。その横には英梨々が倒れていたのだった。2人は慌てて英梨々を寝室まで運ぶことに。

事も落ち着き伊織は 自分たちが使っている業者を倫也に紹介してきた。今すぐ東京の仲間に連絡して、マスターを作ればギリギリなんとかなる。倫也に希望を与え伊織は帰っていった。

次の朝英梨々が目を覚ました。病状は風邪だった。

原画の仕上がりが気になっていた英梨々だったが、7枚全てオッケーだと聞きホッとした。

そして英梨々の作業が全部終わったと倫也は話し、英梨々に寝てるように言った。

英梨々「じゃあゲームは完成した?」しかし倫也は俯いたままだった。

作業が終わってない事を知った英梨々は、早く作業しなさいよ!と現状に納得できなかった。

病人を優先するのが当たり前と話す倫也と、どっちも優先するべきだと言う英梨々。

間に合わず、英梨々は悔しくて泣いた。しかし倫也は英梨々の絵を褒めた。

英梨々は倫也の中の一番だと知り、出海に勝った!と喜んだ。

その後2人はクリスマスを一緒に過ごせることに。乙女ゲームを2人で楽しんだ。

そして、英梨々は帰ったあと皆に〆切に間に合わなかったことを謝ると倫也に話した。

【12月31日・冬コミ3日目】

何とか100枚売る分を用意し、冬コミに参加することが出来た倫也たち。

倫也と英梨々は伊織のブースへ行き、お礼を述べた。

それから英梨々は出海にも、完全に自分たちの完敗だと頭を下げた。

英梨々「ここで頭を下げなくちゃ、私が前に進めない…。私あなたが怖かった。」

物凄い勢いであっという間に追い抜くのではという恐怖。だから、色々と意地悪をしたと出海に謝った。

そして、次は負けない!と言って自分たちが作ったDVDを差し出した。

伊織は倫也に、体験版の評判が良くて詩羽も英梨々も特定されているよ?と教えてくれた。

慌ててブースに戻った倫也と英梨々は自分たちのブースが賑わっている様子に驚いた。

そして、たった30分で完売となったのだった…。

Ads by Google

 【冴えない彼女の育てかた♭(冴えカノ2期)】6話の感想

今回の6話では、原画を書き終えたものの、英梨々が高熱で倒れてしまい〆切に間に合わなく悔しい思いをしたお話でした。

しかし、冬コミに何とか100枚DVDを用意することが出来て、体験版の評価が高く即完売となりましたね。

結果皆にとってもめでたし!と言うお話でした。

7話ではどんなお話になるのか、先が分からないストーリーに目が離せません!

【冴えない彼女の育てかた♭】関連商品

>> 「冴えない彼女の育てかた♭」公式サイト

(C)2017 丸戸史©2017 丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA ファンタジア文庫刊/冴えない♭な製作委員会

Ads by Google