アニメ【サクラダリセット】7話のネタバレと感想!リセットを封印されてしまった!?

この記事は約5分で読めます。

前回は、佐々野と言う老人が岡絵里(おかえり)に能力を奪われ、ケイが解決しようとしたり管理局ができた歴史が分かるお話です。

今回は岡絵里の過去や、管理局と協力しケイの周りの人物に関わっていくお話です。

ケイはハルの能力を奪われることを阻止することが出来るのか!?

それでは【サクラダリセット】第7話のネタバレと感想です。

アニメ【サクラダリセット】6話のネタバレと感想!能力を奪う人物登場!

2017.05.11
Ads by Google

アニメ【サクラダリセット】7話のあらすじ

赤い目の少女・岡絵里は、ケイに敵対心を持ち、春埼美空のリセット能力を奪うと言う。

岡絵里はその昔、家庭の事情で苦しんでいたところをケイによって救われた。

しかし、その頃とは変わってしまった今のケイを憎んでいると言うのだ。

ケイの依頼で調査をしていた村瀬は、岡絵里と遭遇すると、岡絵里の能力により攻撃される。

引用元:アニメ「サクラダリセット」公式サイト

アニメ「サクラダリセット」のキャラクターとあらすじ!SF青春小説がついにスタート!

2017.04.02

第7話「WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL 2/3」のネタバレ

佐々野の写真に写ったマクガフィンの写真の事を思い出していたケイ。

相麻薫「ねぇ?聞いてる?」振り返るとそこには相麻の姿が…。

テトラポットの上で夕日を見る2人。

夕日が沈んだ後、相麻はケイになにか約束をしない?と言った。夕日はもう沈んだと話すケイ。

相麻「また会いましょ。」それは約束?と聞くケイに頷けば約束になるわと相麻は言った。

【8月7日月曜日・2回目】

ハル「8月7日、11時42分32秒です。」

ケイはハルにリセットした経緯を話し、岡絵里の事も説明した。

ケイ「僕たちの1学年下。藤川絵里だった…。2年前に両親が離婚して名字が変わった。その頃は能力を持っていなかった。」

ハルは岡の事を暴力的な父親に怯えていた少女だと思いだした。

厳格な父親に育てられた岡は、ある日ケイに救われた。

ケイ「岡絵里。僕はそう呼ぶよ。君は藤川と父を捨てて、岡絵里になればいいんだよ…。」

そしてケイはボイスレコーダーを差し出し、父にまつわる悪い話だと言い、これを管理局に送ってみればいいと岡に話した。

当時浅井ケイのように悪くて強くなりたいと思った岡は現在に至るのだった。

ケイの携帯に津島から着信があった。ケイが調べている岡絵里についてだった。

津島によると岡絵里は管理局とつながっているらしい。ある管理局員が最近利用し始めたのが岡絵里だったのだ。

そして岡の能力や、佐々野の能力を消した訳も管理局が絡んでいるのか調査中と言われ、ケイは気をつけろと津島に忠告を受けた。

【8月8日火曜日・2回目】

岡絵里に会いに行くと行ったケイ。

ケイ「そろそろセーブだ…。」

ハル「セーブ。」

その頃村瀬は岡と接触していた。村瀬の事をあらかじめ調べていた岡。

そして、ケイがリセットしたと分かった。

驚く村瀬に、岡を探す理由が今はないことから、原因が未来にあると推測したのだ。

佐々野は能力を使い写真の中へ…。2人はもうすぐ約束のときが来ると話した。

そして佐々野は女性に未来を見て貰った。

女性「大きな問題はないわ。でも管理局があなたが写真の中に入れることに気付いたわ。」

しかし何も未来は変わらないから、無理に変更しない方が良いと女性は話した。

女性「あなたは本物の私と再会したい?」

もちろんだと答える佐々野に分かったと言い、これから指定する写真を回収される前に浅井ケイに渡してと佐々野に頼んだ。

ケイは村瀬からの助けを求める電話を受け、ハルを置いて一人で向かっていった。

1人になったハルの元に現れた岡絵里。慌てて逃げるハルに容赦しない岡。

追いついた岡は、特注のコンタクトだと言いじっと目を見るようにハルに言う。

一方、村瀬と合流したケイは酷く怯えている村瀬をなだめていた。

岡絵里に会った村瀬は兎に角怖くなり、ケイに連絡をしなければと思ったらしい。

普通ではあり得ない事が起こり、村瀬は記憶がないと話した。

その時、ケイの元にハルから電話が…。しかし電話に出ると岡の声だった。

岡「やっほー先輩。春樹からリセットを奪った。」

ハルを巻き込まないでくれと頼むケイの望みも虚しく…。

岡「リセットを返してほしければマクガフィンをよこせ。」

ケイは了承し、夜に会うことに決まった。

その後ハルはケイ達と合流し、リセットを使えなくなっていることを確認し、リセットを取り戻す為に津島に岡の事を聞くことにした。

その頃岡は、電話の相手に写真はこれから燃やすと話した。

何故燃やすの?と聞く岡に電話の相手は、能力によって再現されてはいけないものが写っているためだと説明した。

そして魔女はもうすぐ死ぬから、魔女の能力が欲しければ早く行動した方が良いとも言われた。

津島と合流したケイは、岡の資料を受け取った。

記憶を足し引きする能力と表現されていると話す津島。

記憶を足す効果はありもしない記憶を植え付ける。

ハルが受けている能力は逆の記憶を引く能力。そしてハルは能力の使い方を忘れてしまったのだ。

津島「岡の能力には3つの弱点がある。1つ、目を5秒以上見つめないと能力が発動しない。2つ目、この能力は出来ることが大きい反面とても脆い。3つ目、岡の能力は一人の人間に対して1種類の効果しか発動しない。」

そして夜になり岡との待ち合わせの場所に来たケイ。

過去のケイは藤川絵里を捨てろと言ったが、今は間違っていた…受け入れるべきだったと話した。

無責任なこと言うな!救ってくれたケイの存在は岡にとってヒーローだったのだ。

ケイは岡にマクガフィンを差し出してきた。

岡はマクガフィンを受け取ることじゃない、ケイに勝つことだと目的を話した。

岡「ならルールを変えよう。先輩が本気になれるように…。」

ケイの後を付いてきたハルに、嫌な記憶を植え付けると話した岡。

ケイの胸の前で写真を破った。

写真の中に入ってしまったケイ…佐々野の能力と一緒だった。

そして岡は春の元へ…。

Ads by Google

【サクラダリセット】7話の感想

今回のお話は、岡絵里の能力についてのお話でした。

ハルがまたもやピンチになってしまいましたね…。

リセットを消されたハルに今度は嫌な記憶を植え付けると言った岡…。

岡の能力は一人に対し1種類しか使えないとなってるので、嫌な記憶をハルに植え付ければハルはリセットを取り戻すことが出来る…!?

次回はハルと岡の接触がどうなるのか目が離せません!

8話では佐々野の能力は戻るのか?岡の企みをどう回避し解決に至るのか気になる所です!

>> アニメ「サクラダリセット」公式サイト

©河野裕・椎名優⁄KADOKAWA⁄アニメ「サクラダリセット」製作委員会

Ads by Google