アニメ【サクラクエスト】第5話のネタバレと感想!間野山彫刻と桜池ファミリア計画始動!

この記事は約6分で読めます。

前回4話では、間野山の伝統を広めようと会議を開いた由乃達。

そこで、間野山彫刻に目をつけ新たなコラボレーションの案を出していくも、なかなか上手くいかない…と言う前途多難なお話でした。

今回は、4話に引き続き間野山彫刻の伝統をどう受け継ぐのか?果たして町民が納得のいくプランは立てられるのか!?

今回は由乃達が大奮闘する【サクラクエスト】第5話ネタバレと感想

アニメ【サクラクエスト】第4話のネタバレと感想!由乃はメカと伝統工芸のコラボに挑む!

2017.04.27

【サクラクエスト】5話のあらすじ

悲しんでいるわけにはいかないと、国王たちは彫刻の歴史を勉強しました。

勉強した結果、国王は彫刻を使った巨大建造物を作るのはどうかと思いつきました。

たくさんのお金を集めるために、とある画家に建造物の絵を描いてもらうようにお願いしました。

国王は落ち込んでいたIT大臣を励まして、再び仲間になってもらいました。

元気になったIT大臣が、国王の思いつきを良い感じに修正することになりました。

駅を彫刻で立派な建造物にすることになって、怒っていた人たちも協力してくれることになりました。

駅は町の玄関です。電車に飛びのっても、そんなに簡単に靴は脱げません。

脚本:横谷昌宏 コンテ:室井ふみえ 演出:太田知章 作画監督:横山沙弓

引用元:「サクラクエスト」公式サイト

アニメ『サクラクエスト』のキャラクターとあらすじ!いきなり国王になっちゃった!?

2017.04.01

【サクラクエスト】第5話『ユグドラシルの芽生え』ネタバレ

会長が間野山彫刻のデザインを自分も考えてきたと言い皆に見せるも、鰹節に彫った彫刻で反応はもちろん微妙だ…。

それよりも、由乃は早苗の事が心配であった。一志に言われた言葉で早苗が思い悩んでいたからだ。

由乃はもう一度チャンスを下さい!と言って会長にお願いし、また間野山彫刻のプロジェクトを再開するのであった。

由乃は会長の協力の下で、欄間(らんま)の視察に来ていた。また、会長も知り合いに手当たり次第にアポをとってくれた。

また、しおりと凛々子も木彫りについて色々と調べていた。

真希が晩御飯を食べようと早苗に声をかけるも、食べないと言って1人外へ出ていってしまう。

夜遅くになっても、早苗は家に帰らず駅で時間を潰していた。

その時、辰男がお通夜の帰りにたまたま早苗を見かけ声を掛けてきた。そしてベンチに座る早苗の隣に腰掛けた。

辰男が早苗のブログを見たと話した。照れる早苗だが辰男に町に来た時の話をし、なんとなく分かると辰男も共感してくれた。

Iターンとか言ってなかなかうまくいかないことを悩んでいた早苗は、辰男に話を聞いてもらい、気分が少し晴れた早苗はその後帰宅した。

皆はその後も間野山彫刻について沢山視察して調べていた。真希は自分で彫刻に挑戦するも、彫刻の難しさを痛感する。

「いかきぼ計画」と言う名のミーティングを開いた由乃。

早苗は調子が悪いから休みだと説明し、気を取り直して各自報告をしていく。

欄間ができた歴史、そして欄間の次の時代はなんなのか…。

由乃はそこで、”彫刻でできた大きな建物”を作る事を提案するも、皆は無謀だと話した。

しかし由乃は怯まない。

由乃「何百年もかけて作ればいい!サグラダファミリアのように…。」そして由乃は名付けた。

『桜池ファミリア』これがニュースになればきっと全世界から注目が集まる。そうすれば、全てにおいて上手くいくと話した。

しかし会長は「どこにそんな金がある!」と激怒し大反対だ。由乃は入場料やお土産の売り上げでなんとかすると言うと、そんな事じゃどうにもできないと言われてしまう。

その頃家にいた早苗は、このままじゃ駄目だ!せめて自分の仕事をしないと気付いたその時、インターホンが鳴った。

早苗が玄関を開けるとそこには辰男が…。

喫茶店で話を聞く早苗。辰男が早苗に見てほしいモノがあると、木彫りのサンダルを見せてきた。

女性の靴は良く分からないから早苗にプロデュースして欲しいと相談しに来たのだ。

一志の機嫌が悪くなるんじゃないか…と心配する早苗だが、辰男は言う。

一志が今彫っている欄間は、師匠が亡くなる前に受けた仕事だという。注文主が亡くなりキャンセルされても、同じものを彫り続ける一志に納得がいかなかったのだ。

彫刻師も意地を張っているだけでなく、仕事なんだから稼げないと意味がないと辰男は話した。

一方由乃達は途方に暮れていた。その時、オカリナを吹く謎の人物アレク(みんなはサンダルさんと呼ぶ)を見つけた。(本名:アレクサンドル・シーナ…デイ…画像参照)

間野山ではちょっとした有名人だ。(変人としてだけどな!by真希)

しかしアレクは、知る人ぞ知るマルチアーティストだと凛々子はネットでアレクの書いた絵画を見せる。

みんなはアレクに頼んでみよう!と頼みの綱を出すも、アレクはなぜかパトカーに乗り込みどこかへ行ってしまった。

由乃はアレクを追いかけてデザイン画を書いてもらい、皆の元へ戻りデザイン画を見せようとした。

アレクがパトカーに乗った理由は逮捕でもなく、ヒッチハイクだったと由乃は説明し呆れる皆…。 

しかしデザイン画を見た瞬間、感動する皆。またやる気を取り戻した皆は、スポンサー探しをすることになった。

電話担当は真希、由乃としおりは飛び込みで営業をかけたりとやる気に満ちていた。

早苗は辰男から受け取った木彫りのサンダルを見ていた時、帰宅した由乃がサンダルをみてカワイイ!と絶賛した。

木彫りのサンダルをみて何かに気付いた由乃は早苗に話をした。

由乃「早苗ちゃん、自分の代わりが沢山いるって話していたよね?その通りだと思う…。だって、私の国王も本当は別の人がやるはずだったから…。」だから世の中に代わりの効かない仕事なんて無い!と話す由乃。

どんな仕事だって代わりはいても、結果はそれぞれ違う。だから早苗も東京での仕事でもそうだったんだよ…と。

由乃の話を聞いた早苗は「ありがとう。」と言って微笑んだ。

その時一本の電話が由乃に入り、電話に出るとアポを取っていた会社の社長からだった。

次の日由乃の言葉が響いたのか、早苗も会議に加わった。

やる気を取り戻した早苗はIT大臣として案を出していくクラウドファンディングで資金調達をすること、そしてアレクのデザイン画にも書いてあった間野山の駅を利用するという案。

駅は間野山の玄関…出会いと別れ、物語が生まれる場所。駅を彫刻で彩ると言う計画だ。

最初はシスティーナ礼拝堂の天井画みたいに、待合室の中を欄間彫刻でいっぱいにしていくと早苗が説明する。

これにはみんなも「おぉー…」と感心し納得した。最初にはめ込む彫刻の1枚に心当たりがあるという早苗は、皆と一志の所へ向かう。

早苗は、一志に間野山に来た覚悟を話す。由乃も彫刻に使っている木の事を調べたと話し、由乃は一志が彫っている欄間の木について語り始めた。

そして、生半可な気持ちじゃない事を分かって貰い、一志が注文主からキャンセルされた欄間彫刻を駅に使いたいと皆の考えを一志に話した。

一志の職人魂にようやく響き、間野山駅に飾る最初の欄間(間野山彫刻は)一志の彫った欄間を飾ったのであった。

「悪くない…」と言う一志だが、早苗はその言葉を聞き「初めて褒められた…」と解釈し、早苗も満足そうだ。100年かけてゆっくりと駅を彩っていく…。桜池ファミリア計画の第一歩を踏むことが出来たのであった。

【サクラクエスト】の感想

由乃達は間野山彫刻の伝統をどう受け継ぐのか最後まで諦めませんでした!

その成果が出たお話になりましたね。

早苗も気を取り直して、最後は活躍しプロジェクトの第一歩は見事成功♪始めて間野山活性化の為に大きな企画が成功したお話になり、次回どんな新しい案が出るのか楽しみです!

>> アニメ「サクラクエスト」公式サイト

© 2017 サクラクエスト製作委員会