【サクラダリセット】4話のネタバレと感想!ケイが命懸けで伝えたい思いとは!?

この記事は約8分で読めます。

サクラダリセット4話_ネタバレと感想

前回は、野々尾と共に猫を救ったケイ達であったが、今回は村瀬の思惑や、皆実が霊となった理由を突き止めるべく奮闘する話。

果たして、ケイ達は村瀬を説得することができるのか!?皆実を救う事ができるのか!?

それでは【サクラダリセット】第4話のネタバレと感想をまとめます!

【サクラダリセット】3話のネタバレと感想!盛夏奮闘!無事猫を救う事ができるのか!?

2017.04.22

アニメ【サクラダリセット】4話のあらすじ

ケイの前に現れた皆実未来は、記憶が欠落していた。「非通知くん」の能力によって、情報を吸われたからだ。そして事件は殺人事件に発展する。

一方で、村瀬陽香は『触れたものを消す』能力を持っていた。そして依頼とは別の目的、「マクガフィン」を手に入れるため、ケイたちに近付いていた。村瀬は、能力を使ってケイと春埼の命を狙う。

引用元:アニメ「サクラダリセット」公式サイト

アニメ「サクラダリセット」のキャラクターとあらすじ!SF青春小説がついにスタート!

2017.04.02

第4話「CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY 2/2」ネタバレ

浮かぶ女の子を見て、ケイは声を掛けた。

ケイ「皆実さん…?」そう、浮かぶ女の子の正体はクラスメイトの皆実未来(みなみみらい)だったのだ。

気付いたらこうなってて、どうしてだと思う?と質問してくる皆実だが、逆にケイはそうなったきっかけを未来に質問した。

皆実「幽霊山に吸血鬼を探しに行ったんだけど、その後のことが思い出せないの…。浅井君!奉仕クラブだよね?」

そして2人は皆実の記憶を辿るために山道を歩く。幽霊になったのに明るい皆実は、非現実で特別だと話した。

ハルがここにやってきたと話すケイに、ハルを驚かす為に迎えに行くと未来はケイの元を後にした。

一人になったケイは津島に電話をし、津島から未来の遺体が見つかった事を聞く。未来はどうやら殺されたらしい。そして今朝犯人は自首をしたと…。

津島「好井良治(よしいりょうじ)、通称、非通知君だ。」ハッと驚くケイ。好井は極度の潔癖症で物を食べることが出来ない。その代り、情報を栄養に変換できる能力を持っている。

好井は以前人間から直接情報を吸っていたが、吸われた相手はしばらく意識を失う程度だったと聞いた。

ケイ「それが吸血鬼の噂になった…。」好井は安全に情報が集まる環境を作った。情報屋の事だ。だがトラブルがあって、環境が破壊されたためにまた直接人間から情報を吸った。

津島「昨夜のことだった。被害にあったのが皆実未来だった。何故か皆実は情報を吸っても減らなかった。好井はつい吸いすぎてしまったんだ。そして皆実は情報を持ったまま死んだ…。」

情報を持ったまま死ねる能力、それを言い変えれば、幽霊になれる能力だとケイは確信した。

ケイとハルは未来を救う事を話し、そして村瀬に会った。

村瀬「私はコールした物が消すことが出来るの。右手…石。」すると村瀬の右手から石が消えた。それで?とケイは聞くと、

村瀬「右手、人体。あなた達を殺すことにした。」ケイはあっさり殺すと言われても困るし、納得できないと言った。

村瀬は納得して死ぬ人なんて居ない!と声を荒げ、次の瞬間。

村瀬「全身小石!」ケイに向かってくるもケイは冷静に分析をしていく。村瀬の攻撃を交わしていたケイだが、バランスを崩し倒れてしまった。

これで終わりよと告げられた時、ケイはマクガフィンの事を知っているか聞いた。

村瀬「どうしてそれを…?」ケイは村瀬とマクガフィンが関係している事が分かった。マクガフィンはどこにある?と聞く村瀬に分からないと答えるケイ。

そして、ケイの周りにあった村瀬の足跡が消えていく。村瀬の能力は、タイムリミットがあるみたいだ。

村瀬「右手…人体。消えてなくなりなさい!!!」村瀬がケイを消そうとした瞬間。

ケイ「春埼。リセット。」

ハル「リセット。」

【 7月 13日 木曜日・3回目】

ハル「 7月 13日 12時 59分。15秒です。」

ケイ「リセットしたみたいだね…。」

2人は津島の元へ行き、津島にどういう事なのか説明を求めるも、気にするなの一点張りだ。村瀬に殺されかけた事や非通知君のことも話すと、津島は対処しとくとだけ話した。

ケイはマクガフィンについて津島に最後だと言い質問した。

津島「マクガフィンを手にしたものは、サクラダの能力全てを支配できる。都市伝説だよ。」2年くらいに噂が流れ、マクガフィンの存在は小さな黒い石と答えた。それも、職員室の津島の机の中にあると言った。

そして朝、また智樹のモーニングコールで起きた。

【 7月 15日 土曜日・3回目】

ハルとの待ち合わせに喫茶店へ来たケイは村瀬に初めましてと挨拶をすると、「そんな芝居必要ない」と言われる。

津島に呼ばれて来たと言う村瀬にケイは、「僕を殺したいですか?」と質問するも何故?と返ってきたため、前回の記憶がない事を確認した。

ケイ「ところで猫はもういいんですか?」

村瀬「試してみたかったのよ、あんた達の能力を私の能力で打ち消せるのか…。」前々回の記憶はある、と言うことは前回のリセットが村瀬の記憶をリセットした。

そこへ津島がやってきた。マクガフィンが盗まれたらしい。津島はケイ達にマクガフィンを取り返して貰うために来たが、ケイは村瀬が奉仕クラブだったことに驚いた。

そして、津島は犯人の目星は付いていると話し、好井良治・非通知くんだと告げた。

マクガフィンの行方を追う道中、村瀬は管理局を壊し、そしてもっといい世界を作りたいという話をケイにした。ケイに一緒に手を組まないか?と言うも、非通知君を探すのが先だと答えたケイ。村瀬はそんなの簡単だと言い、

村瀬「右手、吉井と私を遮るもの。」次の瞬間壁に穴が開いた。そして非通知君のいる方向が分かった。

非通知くんの家に着いた3人だが、非通知くんはマクガフィンを持っていないから出せないと言った。

そして非通知くんが連絡をし、マクガフィンを持ってきたのは皆実だった。村瀬は無理やり皆実からマクガフィンを奪うとその場を去っていった。

津島は個人的な頼みだと、ケイを呼んだ。

津島「不登校の生徒がいる。名前は村瀬陽香」詳しい話を聞くケイ。村瀬には管理局の職員の兄が居たが、去年の夏村瀬の兄は交通事故で死んだ。村瀬は管理局が能力を有効利用していれば、兄を救えたんじゃないか?と考え、管理局を敵視した。

そして津島は、管理局を敵視した村瀬にわざとマクガフィンを狙うように仕向け、猫を通した依頼は、ケイ達と村瀬を関連付けたかった。能力に頼っているから綺麗に負けられる相手が必要だったと話した。村瀬は自分の意思で能力を使い、皆実からマクガフィンを奪う際に傷をつけた。

村瀬は超えてはいけないラインを超えたのだ。

そして、ケイは津島に村瀬に伝えてほしいと伝言を頼んだ。「一緒に管理局をやっつけよう。明日の午前11時45分、川原坂の河原に来てほしい…。時間厳守。」

その後、智樹に頼みがあると電話したケイ。

夕方、ハルは浴衣を着て、ケイと祭りに行くため合流した。そしてケイはハルにかんざしをプレゼントした。

顔を赤らめて喜ぶハルは早速かんざしを付け、祭りを楽しんだ。そしてケイはハルに明日頼みたいことがあると話した。

次の日…。

河原に来ていた村瀬にケイは聞きたいことがあると言った。

ケイ「猫は本当に事故にあったんですか?」そんなことどうでもいいと聞かない村瀬に、大事なことだとケイは引かない。

村瀬「事故はあったわ。猫は死んだ。これでいい!?」と答える村瀬にケイは微笑み、ハイと答えた。そして、村瀬の仲間になりたいが能力をテストしたいと言った。

テストにクリアすればケイは従うが、クリアできなければケイの考える方法で管理局を倒してもらうと条件を出した。

村瀬「あんたの考えとは?」

ケイ「村瀬さんには学校へ来てもらいます。そして卒業して、管理局に就職する。それから正しい方法で一つづつ提案して、管理局を変えていく…。」

ケイは兎に角テストに合格すればいいと話し、能力を使ってギブアップさせれば勝ちと説明した。

村瀬「やってやろうじゃない…。」

ケイ「春埼セーブ。」

ハル「セーブ。」

【 11時 48分 17秒】

ケイは村瀬の攻撃をワザと受け止めた。ケイの手のひらに穴が開き血が止まらない。それでも村瀬は攻撃を止めなかった。

ケイ「本当は僕らの能力なんてどうでもよかったんだ。猫を助けるためにリセットを使わせたかったんでしょう?どうして猫をかくまったんです?金曜日の夜、皆実未来は非通知君に殺されました。」

村瀬「じゃあ、マクガフィンを持ってきたのは誰?」ケイは同じ皆実だと答え、リセットをした経緯を説明した。

そして村瀬がケイ達を襲った理由も、皆実が死んだことをリセットしたかったからだと村瀬を分析した。否定をする村瀬にケイは賭けをした。村瀬はケイを殺すと言うも、ケイは村瀬に人は殺せないと話す。逆鱗に触れた村瀬はケイを消そうとしたとき、ケイが一つだけ言いたいことがあると話した。

ケイ「僕が指示しなければ、春埼はリセットできないんです。村瀬さん…ギブアップしてもいいんですよ?」そう言うと、ケイは自ら村瀬の手に頭を押し付けた。

村瀬の前に倒れた血まみれのケイの死体。その光景をハルはじっと見つめる。取り乱す村瀬、ハルも状況が理解すると涙が込み上げてきた。その時…

智樹「ピーンポーンパーンポーン♪7月16日今日は朝からお届けするぜぇ♪お待ちかね浅井ケイからのメッセージだぁ♪」智樹の能力だったのだ。

ケイ「春埼…リセット。」ケイの声を聞いたハルは…

ハル「リセット…。」

【 11時 48分 17秒・2回目】

何も覚えていないが、ハルを悲しませたことを謝るケイ。

記憶は残ったままの落胆する村瀬は「ギブアップ…」と言うと、ケイは猫が元気でやっていると話した。そして猫を助ける依頼が楽しかったと…。

ケイは村瀬に、普通に人助けをしよう…笑えることを誰かと一緒にやっていこうと話すと、上を見上げた村瀬は私もそうしたい…と答えた。

【サクラダリセット】4話の感想

今回は村瀬の本当の気持ちを理解したケイが、悪い方向に向かっていく未来をリセットし、村瀬の心と皆を救うと言うお話でした。

そして、無事に村瀬の過ちを未然に防ぎ、村瀬の復讐という考えから人助けをすると言う考えに変えたケイ達が大奮闘したお話になりましたね。

5話でも、まだまだ能力者たちが活躍するお話になりそうなので、今後の展開も目が離せそうにないです!

>> アニメ「サクラダリセット」公式サイト

©河野裕・椎名優⁄KADOKAWA⁄アニメ「サクラダリセット」製作委員会