アニメ『サクラクエスト』第1話のネタバレと感想!新国王の最初の仕事とは!?

この記事は約6分で読めます。

サクラクエスト_1話

いよいよ放送されたP.A.WORKSの“お仕事シリーズ第3弾”春アニメ「サクラクエスト」。

田舎が嫌いで、都会に憧れる主人公木春由乃(こはるよしの)は、『特別な何か』になりたくて東京へ出てきたが、結局、自分が何をしたいのか見つけられぬまま。観光協会のお仕事を通じてどのように成長していくのか!?

「サクラクエスト」第1話ネタバレと感想をまとめます!

アニメ『サクラクエスト』のキャラクターとあらすじ!いきなり国王になっちゃった!?

2017.04.01

アニメ「サクラクエスト」第1話あらすじ

あるところにチュパカブラ王国という名前の小さな王国がありました。昔は栄えていたというその国も、

今ではすっかり寂れてしまっていました。そこへ都会から少女がやってきました。先代の国王の命令により少女は寂れてしまった

王国を救うため、新しい国王になることになりました。少女は国王として、一年間頑張ることになりました。一日と勘違いしていた

国王は逃げ出しました。でも、逃げられませんでした。

引用元:「サクラクエスト」公式サイト

第1話『魔の山へ』ネタバレ


「それは幼い頃の記憶。どこかの王宮の広間で、たくさんの国民たちに祝福されて、キラキラと輝く王冠を頭に。」

「あの時の幸福感、高揚感。あれは夢だったのだろうか。」

会社の面接にて、面接官に木春由乃(こはるよしの(以下、由乃)は「今まで生きてきて一番嬉しかったこと」はあの時の幼少期の記憶だと話すが、由乃本人は、未だにその記憶が何か分からないまま、現在は短大卒業間近で就活中な真っ只中。

30社もの会社の面接を受けるも、内定がなかなか決まらない。


仕事にも就けず、誰からも必要とされていないと思い落ち込む由乃。

母親は「ダメならこっち(実家)に帰ってくればいいじゃない。」と言ってくれたが、

田舎が嫌で東京に上京してきた由乃の決意は固い。絶対に帰らない!と・・・。

手元に残るお金もあとわずか…。


帰宅後、1本の電話がくる。以前登録をしていたモデル派遣会社からだった。

「今回は小春さんをご指名で、地方の町興しの一環で国王をやってほしい」という依頼に、

とりあえず、派遣会社から指定された場所まで行くことにする。

観光地「間野山」へ…。


「椿由乃様 ようこそ間野山へ!」と間野山の人々に歓迎されるが、皆が持つ幕をよく見ると「小春(こはる)」ではなく「椿(つばき)」。

本来は、間野山の観光協会会長が昔大ファンだったアイドルの「椿由乃」を呼ぼうとしていた。

手違いで、他人を呼んでしまったと後悔や文句が飛び交う中、会長は「よーし!予定通り式を行う」と仕切り直し、観光協会の四ノ宮しおり(しのみやしおり(以下、しおり)は王宮へ由乃を案内する。


 

間野山の王宮「チュパカブラ王国」


その名も「チュパカブラ王国」。

町興しのブームに乗って王国を作ったのだが、ブームが去った今はこんなに寂れてしまっている。会長は再建を計ろうと諦めてはいない。

戴冠式で由乃は国王に任命されるも、何の事だか本人は分かっていない。

その晩、由乃に部屋を与える為に、昔寮として使われていた場所へしおりが由乃を案内してくれた。

しおり「明日から一緒にがんばろーね!!」しおりは帰ってしまった。

由乃「……。明日から一緒に…?」その言葉が引っかかるも、その時、大きな物音が聞こえた。由乃は恐怖に耐えながら恐る恐る物音のする方へ行くと…。


「っ!!!」床に何かある?するとゴロンと転がった物体に顔がある!!!「…?」よく見ると寝袋で横になっていた人だ。

お互い何でここにいるのか?誰なのか?と質問すると、寝袋で寝ていた人物は寮の管理人と名乗ったのだ。由乃もバイトで来ただけだと説明し、自分は他所から来て、バイトが終わったらすぐ帰ることを管理人に話す。

管理人「いや、帰っちゃだめでしょ…って聞いてないの?」


新国王はこれより一年間住み込みで様々な町興し活動を行う。とネットに掲載されてしまっている。

「って…一年!?」

単発のバイトをしに来ていた由乃。事実確認の説明をモデル派遣会社に電話し求めるが、契約書をちゃんと見てないのはそっちだと言われる始末。

何も納得のいかない由乃は駅に向かい帰ることにするも、田舎の電車の終電は早く由乃は帰ることができなくなった。

途方に暮れ、下を俯きながら田んぼ道を歩く由乃。ふと前を見ると「!?!?」緑の化物が田んぼの暗闇から出てきたのだ!!チュパカブラが現れる。


恐怖で由乃はすぐさま走って逃げたが、電柱の明かりで飾られたようにキラリと光る聖剣が道の真ん中にあるも、由乃はそれどころじゃなくスルーする。

しおり「あっ…」何故か田んぼの中身を潜めたしおりの姿。


しおり「きゃぁあ!助けて!!」しおりの声に振り向く由乃。緑の化物にしおりが狙われている!

しおり「その聖剣を抜いてチュパカブラを倒して!そうすれば真の国王になれるから!」

由乃「はぁ?」胡散臭い設定としおりの言葉に、由乃はこれは子芝居だと気づいた。

怒りを込み上げた由乃はチュパカブラに聖剣ではなく、自分が持っていたバッグを思いっきりチュパカブラに振りかぶる!

由乃「いい加減にしてよ!」バッグがヒットしたチュパカブラは地面に倒れると、

しおり「会長~!!」としおりはチュパカブラに駆け寄るではないか。

(…!?会長)そのまま救急車で会長(チュパカブラ)は運ばれる結末となり、しおりと会長の狙いは失敗に終わる。

由乃「本当にすみません…。」会長にケガを負わせてしまったことを会長夫人としおりに謝罪する。

しおりは「由乃ちゃんが来てくれて嬉しかったの。自分と同世代の娘が新しい国王になって、一緒に町を盛り上げていけたら楽しいだろうなって。由乃ちゃんにこの町に残って欲しくて」と胸の内をあける。

寮まで送ってもらうも、鍵がかかっていて入れない。

仕方なく王宮で一晩過ごすことに。

そこには人気のあった頃のチュパカブラ王国の写真が飾られていた。その中の1枚に、

(私が写っている・・・?)写真と記憶がシンクロした由乃は、ほっとした表情をみせた。


「私、ここに来た事あったんだ。」


朝、しおりが用事で王宮の中に入ると、そこには王冠とローブを羽織り王座で熟睡している由乃、もう誰が見ても国王の姿にしおりは国王をやってくれるのね!と喜ぶも、由乃は寒かったからだと否定する。

「ようやく心を決めたんじゃな!」会長が松葉杖つきながら現れる。

由乃は決めてない!と否定するも、会長は聞く耳も持たない。そして…

「新国王に最初の仕事を与えようではないか!」

「サクラクエスト」Twitteでの反応は?

さすがP.A.WORKS様です。「サクラクエスト」最高です!!

>> アニメ「サクラクエスト」公式サイト

脚本:横谷昌宏 コンテ:増井壮一 演出:太田知章 作画監督:三浦菜奈

© 2017 サクラクエスト製作委員会