アニメ『クロックワーク・プラネット(クロプラ)』のキャラクターとあらすじ!

この記事は約4分で読めます。

4月から放送される春アニメ『クロックワーク・プラネット』。この作品の原作はライトノベルで、講談社ラノベ文庫より2013年4月から刊行されている。略称は「クロプラ」。

主人公三浦ナオトの元に突然一つの箱が落下してくる。その箱に入っていたのは一体の自動人形・リューズだった。そして、二つの出逢いによって運命の歯車が回り始める・・。

これは期待できそうです!観る春アニメが増えそうなので、「クロックワーク・プラネット」のあらすじ、声優、キャラクターをご紹介です!

アニメ【クロックワーク・プラネット(クロプラ)】全話あらすじ、最終回ネタバレ!

2017.05.19

「クロックワーク・プラネット」登場キャラクター

見浦ナオト:南條愛乃


機械オタクの高校生。人並み外れて耳が良く、普段はノイズキャンセリングヘッドホンをつけて生活している。人間の美少女には興味がないが自動人形(オートマタ)であるリューズのこととなると見境をなくす。

リューズ:加隈亜衣


「Y」が残したオートマタ「Initial-Yシリーズ壱番機―付き従うもの(ユアスレイブ)」。200年間誰も直せなかった故障を修理したナオトに仕える。その美貌と裏腹に、信じられないほどの毒舌。

マリー・ベルブレゲ:大西沙織



五大企業の1つ、ブレゲ社の社長令嬢にして史上最年少の国境なき技師団(マイスターギルド)の一級時計技師。口が悪く、勝気で自信家な天才美少女。

ヴァイネイ・ハルター:松田健一郎


元軍人でマリーのボディガード。最新技術で機械化された体を持つ戦闘のスペシャリスト。マリーが幼い頃から共に行動し、精神的にも支えている。

ラノベ版「クロックワーク・プラネット」1巻のあらすじ

――唐突だが。世界はとっくに滅亡している。死んだ地球のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界――“時計仕掛けの惑星”。

落ちこぼれの高校生・見浦ナオトの家に、ある日突然黒い箱が墜落する。中にいたのは――自動人形の少女。

「あんな故障一つで二百年も機能停止を強いられるとは。人類の知能は未だノミの水準さえ超えられずにいるのでしょうか――?」 

破綻と延命の繰り返し。作り変えられた世界と、変われない人類。理想と現実が悲鳴をあげる時、二つの出逢いが運命の歯車を回す。

引用元:Amazon.co.jp

コミック版「クロックワーク・プラネット」1巻のあらすじ

死んだ地球のすべてが歯車だけで再現・再構築された千年後の世界を舞台に、誰もまだ見ぬアドベンチャーが幕を開ける!

機械好き高校生、見浦(みうら)ナオト、毒舌超技巧自動人形リューズ・ユアスレイブ、天才時計技師マリー・ベル・ブレゲ、機械化ボディガードのヴァイネイ・ハルター。時計仕掛けの世界に4つの歯車が介入した時、運命すらも大回転する!

大人気ノベル待望の漫画化!壮大なクロックパンク・アドベンチャー開幕!! 

引用元:Amazon.co.jp

「クロックワーク・プラネット」の放送情報

 

・TBS:4月6日(木)深夜1時58分〜
・BS-TBS:4月8日(土)深夜1時00分〜
・TBSチャンネル1:4月16日(日)深夜1時00分〜
・TBSチャンネル1【再】:4月22日(土)深夜3時00分〜

 

キャスト

 

・見浦ナオト:南條愛乃
・リューズ:加隈亜衣
・マリー・ベルブレゲ:大西沙織
・ヴァイネイ・ハルター:松田健一郎
・アンクル:千本木彩花

 

「クロックワーク・プラネット」第2弾PV【TBS】

>> 「クロックワーク・プラネット」公式サイト

イラスト:茨乃
©榎宮祐・暇奈椿・講談社/クロプラ製作委員会